アメリカ・ラスベガスの旅1


アメリカ・ラスベガスの旅1~ロス→ベガスドライブ~

いや~やっぱり何度観てもミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションは最高ですわ!(機内で見た)
サイモン・ペッグが可愛いよね!

さて、遅れたはずの飛行機は、予定時間よりも相当早くロサンゼルスに着きました。
気流の影響ってすごいですね。

というわけで到着しましたアメリカ!
到着してからの手続き時間かかりすぎだよアメリカ!!
スタッフもうちょっと多くてもいいんじゃないかなぁアメリカ!!!

今回も流されるままに入国しましたが、せっかくなので手続き内容を明確に書いておきます。
次回、あわあわしないように……!

そもそも、アメリカに渡航しようと思ったら、まず電子渡航認証システム「ESTA」が必要になるそうで。
はい、私も今回初めて知りました。
渡航前に事前にオンラインで手続きするのですが、これがまたわかりにくく。
ローマ字入力ですし滞在先住所の書き方も難しいしそもそも入力項目がよくわからないですし、しかも登録後訂正が出来ないとか……!ハードル高すぎんよ・゚・(ノД`;)・゚・

でも大丈夫。
ちょっと調べたら入力の仕方の解説サイトがいっぱい出てきました。
年代によって違うのか、実際の入力項目と違うサイトもありましたが。
ESTA内のヘルプとかで、入力例を見られたら一番いいと思うんですがねぇ……
(私は機内で書く税関申告書ですら人に聞きながらじゃないと不安レベルなので、普通の人は難なく入力出来るのかもしれません)

さて入国審査に戻ります。
飛行機を降りて入国審査場(「Immigration」)まで来たら、「Non-Resident」の方へ並びます。
並んでる人を見たら一目瞭然なので、「あ、なるほど。自分はこっちね……」とすぐわかりますね。

前述したけれど、この入国審査、ものっすごく待ちます。
たいした列じゃないなと思ったのに、全然進まない! 同行者との会話も尽きるほどに!
マイペース過ぎるんじゃないかスタッフこのやろー等と思いましたが、指紋を登録したり写真を撮ったり、簡単な質疑に答えたりと、日本よりも手続きに時間がかかるのですね。
(だったらもっとスタッフ増やして迎え撃てよと思わんでもない)

さて、それを抜けたら荷物をピックアップ。
そして初めての……トイレ!!!

飛行機10時間乗ってたら、そらもう限界ってやつです(何故機内で行っておかないのか)。
私は行くぞ、トイレに!

ちょっとドキドキしながら入った初めてのアメリカのトイレは……
ドア、がっつり下があいてて人の足が見えてるー!!Σ(゜Д゜;
衝撃でした。防犯上そうなっているらしいです。
そして便座の大きさ……!
子供はハマってしまうんじゃないか?という大きさです。
あと私は気づかなかったけど便座の高さも高いらしいです。
足長いアピールじゃないぜ、高さより大きさとドアの方がショックだったんや。
さすがにトイレ写真は撮りませんでした。

空港を出たらレンタカーを借りて、いよいよベガスまでドライブです!

IMG_20151203_122703.jpg
私たちの相棒はこのJeep! でっかくてとても快適です(*´ v `*)

こんなに大きい車だと、曲がり角とか大変なんじゃない??
HAHAHA、何を言ってるんだい、ここはアメリカだぞ!(o≧▽゚)o
とこんな会話はとくに繰り広げてはいませんが、そもそも道幅がこういう車のサイズに合わせてあるんだから心配ないですね。

一番の敵は、左車線を走ることに慣れた脳!
アメリカは左ハンドル右車線です。
でも今回のメンバーは全員日本人なので、うっかり左車線を逆走しても一瞬気づきません……!
あと道路が広く何車線もあるうえにセンターラインがわかりづらいので、そこもちょっと怖かったですね。


街を離れると、どこまでも荒涼とした岩山の風景が続きます。
地形とか岩とか大好きなフジタ、大興奮です。
IMG_20151203_164954.jpg
いやぁ改めて……でっかいなぁ、アメリカ……

砂埃舞うフリーウェイをひたすら走り、ラスベガス旅は続きます。

アメリカ・ラスベガスの旅2

アメリカ・ラスベガスの旅2~食に関して~

ラスベガスに着く頃にはすっかり日も暮れ、また街灯が少ないので景色も全く見えない状態になりました。
そこに見えてきた、大きな街の明かり。
もしかしてあれは!とグーグルマップを見て急いで確認すると……

やっぱりラスベガスだー!!!!

ロサンゼルスを出発して約6時間。
ついにラスベガスに到着しましたヽ(=´▽`=)ノ

IMG_20151204_023437.jpg
ストリップに立ち並ぶホテルたち。
どこもそれぞれ趣向を凝らしてあって、絵になります。


到着時にはもう夜だったので、この日はストリップ周辺を軽く流して終了。
ディナーにはもう遅い時間だったので、深夜でもやっているチェーンのファストフードのお店で晩ごはんとなりました。

英語での注文も、ちょっとだけ、慣れたような気がします。
気がしますが……

DSC_0659.jpg
Sサイズのレモネード。
どう見てもLです。


その量にはまだまだ慣れません_:(´ཀ`」 ∠):
噂には聞いていたけど、ほんっとに大盛りです。
「私Sサイズ頼んだんだけど!?」と突っ込まずにはいられなかったです。
美味しいけど、とても食べきれないよ……!

1452654858278.jpg
こちら、本当に安いハンバーガーチェーンのものなのですが、これが美味しい!
日本に戻ってからバーガー食べたら、ちょっと物足りないなって感じるくらい、パティが肉肉しい!
パンがカリカリなのも良い!!

また別の日ですが、ラスベガスはビュッフェ(バフェイと向こうでは言うらしい)が有名なお店が多いと聞いたので、朝食時に行ってみました!
私たちが行ったのは、エクスカリバーというホテルのビュッフェ。

DSC_0664.jpg
↑これがエクスカリバー。ファンタジーなお城です。
ラスベガスのホテルはコンセプトがはっきりしていて、見ているだけで楽しい!


このビュッフェがとても良かった!
IMG_20151204_160355.jpg
もっといっぱい食べられる身体なら(健康ではありますが)もっと堪能出来たんだろうな~!

量が食べられないので、基本的に食べ放題的なお店はあまり行かないのですが、ここのビュッフェは本当に良かったです♡
とくに写真のど真ん中の、エッグベネディクト!これが美味しい!!
朝から幸せだ~!!

今回、ご飯はどれもそれなりに美味しいと感じたのですが、とくにお肉関係はずば抜けていました。
私が脂身だめで赤身好きなせいもあるかもしれませんが、外側がぱりっと焼かれたアメリカンスなステーキはとても美味しかったです!

15-12-05-15-34-22-999.jpg
ヒレステーキ。柔らかくて最高!でも量多い!!

お料理ではないですが、最後に食べ物つながりで、もらったお菓子の話。
一日目のドライブ中に寄った、これまたてんこもりにしてくれるファストフードのお店で、フォーチュンクッキーをもらいました。
その中身は……

DSC_0614.jpg
You will inherit some money or a small piece of land.
訳:あなたは、若干のお金または小さな土地を相続します。

ですって!!
こりゃうっかりカジノで大当たりなんてこともあり得るんじゃないの!?

希望を胸に、ラスベガス旅は続きます。

アメリカ・ラスベガスの旅3

アメリカ・ラスベガスの旅3~近郊ドライブ~

ラスベガスと言ったらカジノというイメージですが、雄大な大自然もオススメなんですってヽ(=´▽`=)ノ

今回はレンタカーのある旅だったので、近郊のフーバーダム&ミード湖、そしてレッドロックキャニオンへドライブへ!

岩山を眺めながら走ること一時間ほど。
あっという間にフーバーダム到着です。

IMG_20151204_212501.jpg
フーバーダムから見た橋(Mike O'Callagham - Pat Tillman Memorial Bridge)と、橋から見たフーバーダム。
ちなみにこの橋は、日本の大林組が建設したんだって!


写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、すごい大きさ、そして恐ろしい高さです!(ダム、橋ともに)

DSC_0674-01.jpg
正直、何もかもが大きいので、スケール感がわかりづらい。

DSC_0708.jpg
こちらは橋の端(ギャグじゃないよ)から撮ったもの。
水面からの距離、262メートルあるらしい。大林組、すごい!


余談ですが、ダムで通り掛かりの男性に「セクシーアンドプリティ(サムズアップ付き)」とのお言葉をいただきました。
アメリカで、初めて(そして最後の)モテた瞬間でした。

戻る道すがら、フーバーダム建設で出来た人工湖、ミード湖が一望出来る駐車場にも寄り道。

DSC_0712.jpg
※画像クリックで大きな画像開けます

湖面に青い空が映って、本当にキレイでした(*˘︶˘*).。.:*♡


そしてこちらはまた別日の、レッドロックキャニオン。
DSC_0827.jpg
※画像クリックで大きな画像開けます
岩山に囲まれた荒野、という感じ。

こちらも、ラスベガスからは一時間もかからない、近場のドライブスポットです。

1449758753602.jpg
見て、この岩の迫力!

名前の通り、赤い岩山が見られます。
……って書くとあんまり魅力的に思えませんが(笑)、とても雄大でフジタ的には大満足でしたよ!
あの岩山を越えたら、どんな景色が待っているんだろう……などと考えると、わくわくがとまりません((o(´∀`)o))ワクワク

1449758876593_20160123153041e86.jpg
なにもないのがいい!

ちなみに私達がドライブしたのは、朝の9時~10時くらいでした。
光の関係で、午前中に行くのがオススメみたいですよ!

壮大な景色に癒されて、ラスベガス旅は続きます。

アメリカ・ラスベガスの旅4

アメリカ・ラスベガスの旅4~まちなかのあそび~

賭け事?怖いよ~損するくらいなら得もしない方がいいよ!
等と言っていた私も、ラスベガスでついにカジノデビューですヽ(=´▽`=)ノ
本場まで来たら、やっぱり体験してみたいものね!

ギャンブルするより真面目に働いた方が……とは思いつつもやっぱり一山当てたい欲はあるもので。
ビギナーズラックでちょちょっと旅費くらい稼げたりして~ふひひ(*´艸`*)などと甘い考えが頭を占めていきます。

IMG_20151207_000820.jpg
ちょっと一山当てまして。

ま、もちろん現実はそんなに甘くないんですがね。
カジノで大儲け……なんて私のような一般市民には幻ですよ!

なぜなら負けるのが怖くて手堅いとこに、しかも少額しか賭けないから、増やすのに時間がかかるのです!
損してもいいからでっかく賭けよーという精神的(&経済的)余裕がないと、どーんと大きくは儲けられませんえん。
カジノにいる、ということがすでにプレッシャー(※1)な私には、長時間賭け事を楽しむ等という心の余裕はなく!!
手持ちから二倍くらいに増えたら速攻逃げ帰るという情けない有様でしたとさヽ(;∀;)ノ
しかも二倍って言っても、遊び始めの額が少額だから、結局勝ち分はおみやげ代にもなりませんでしたとさ(血涙)
フォーチュンクッキーあてにならない・゚・(ノД`;)・゚・

ちなみに私が挑戦したのは、クラップスとブラックジャック。
どちらもそんなに難しくないゲームなので、興味がある方はルール等検索してみてくださいね。

※1 やはり日本人は幼く見えるらしく、未成年と疑われパスポートを要求されました。
   パスポート見せたら見せたで、「14歳かと思ったよ、HAHAHA!!」などと他の客に茶化される始末。
   そりゃくじけるよ!


さて、エンターテイメントの街ラスベガスは、ショーも一流です!
今回は、サーカス的ショー「ZARKANA」、18歳未満は入場出来ないアダルトな「ZUMANITY」、そして大掛かりな装置もすんごい「KA」の3つを観ました。

DSC_0714.jpg
「ZARKANA」のワンシーン。
「ZARKANA」は公演中の撮影が許可されているのです。


IMG_20151206_040708.jpg
鑑賞後、テンション上がって買った「KA」Tシャツ!
夏になったら着るんだ((o(´∀`)o))


どれもサーカス見たことのない私には新鮮で凄かったんですが、鑑賞後に更に凄いことが。
「KA」を観た後、ホテルのフードコートで同行者が隣にいた日本のアニメキャラグッズを持った方に話しかけたところ、その方はなんと、「KA」のメインキャラクター・オリジナルキャストのシェリー・ヘイトさんだったのです!
IMG_20151206_041411.jpg
右の彼は、クラウンなんだって!
シェリーさんは日本好きで、昨年3回も日本へ旅行に行ったそう。日本語ペラペラやった!


素晴らしいショーをありがとうございました・゚・\(*´∀`*)/・゚・


ちなみにストリップには、無料で観られるショーも多いです。
こちらは有名なベラッジオの噴水ショー。
DSC_0751.jpg
始まる前に冷たい霧に覆われて、死の危険を感じましたが(防寒大事!!)とてもキレイでしたよ!


宿泊したホテルはストリップ周辺だったのですが、終盤にはダウンタウンへも遊びに行ってきました。
ダウンタウンはストリップの豪華なホテル&カジノに比べて、庶民的で取っ付きいやすい印象を受けました。
古き良き、という感じですね。

電飾アーケード街、フリーモントストリートを端から端まで滑空する、ジップラインも体験しました♪
DSC_000027.jpg
別のグループですが、こんな感じで飛んでる人が見られます。
ちょっと恥ずかしい(笑)


IMG_20151209_020036.jpg
前の方が飛ぶ様子。
人がごみのよう(な小ささ)だ……!


絶叫大好きな私ですが、滑空前はさすがに縮み上がりました……!
でもこのアトラクションで一番怖いのは、滑空開始直後ではないのです。
一番恐ろしい瞬間、それは滑空の終わり……
普通は最後まで勢い良く滑り終わるようなのですが、ウェイトがないとスピードが落ちるのが早く、最後までたどり着かないのです……!
私は、端っこの手前5メートルくらいで止まり、そこで宙ぶらりんになりました。
えっ……これどうするの。私どうしたらいいの。
戸惑うこと10秒ほど。でも体感1分くらい。
すぐにスタッフがレスキューに駆けつけてくれましたが、あの瞬間が一番恐怖でした_:(´ཀ`」 ∠):

ちなみに滑空中の写真は買うことが出来ますが、正直お高いです(笑)


ホテルのプールにも行ってみました!
15-12-08-06-48-35-202_deco.jpg
温水とはいえ真冬の屋外プールってどうなの?
でも案外人いるよね??
……と思ったらチャレンジせずにはいられませんでした。
死の危険を感じました(一日ぶり二回目)

少しの後悔を残して、ラスベガス旅は続きます。

アメリカ・ラスベガスの旅5

アメリカ・ラスベガスの旅5~失敗の数々~

反省している、アメリカでうまくいかなかったなぁ、というエピソードを少し。

英語話すキャラクターは何人か演じてきた……けど英語力ポンコツのフジタなので、
事前にサイトで勉強していても、失敗したなぁってことがとても多かったです_:(´ཀ`」 ∠):

まずは初めての買い物。
ホテルの掛け布団がペラペラ過ぎたので(真冬だろ!?何故!?)寝間着を買いに行った時のこと。
アウトレットモールで、それぞれ別行動で買い物をしたのですが……
【(知らない英語)$10】という表記を見て、あ、これ$10なのかな?お得ーとか思って買ってみたら普通に$40でした。
商品の値札は確かに$40。$10じゃなくても、$10値引きとかかなと思っていたので、わけがわかりません。
えっ待て待て、あの$10って表記はどういうことなんだ!?と言いたいが、言い方がわからないし、説明されたって多分わからない(申し訳ない!)
しかもこの時オフラインだったので、自力で調べるということが出来なかったのですね。
結局、いったい何が$10だったのか未だにわかりませんヽ(;∀;)ノ

二つ目、アルコールやおつまみを買いにスーパーマーケット的なところに行った時のこと。
自分で会計するスタイルのレジがあったからチャレンジしてみた!
……ら、店のおばちゃんスタッフが怒りながら来てパスポートを出せと言い、確認した後ちょっと乱暴にレジをすべてやり直した!
な、なんでなん……(´・ω・`)悪いことしてないよ!
私達の中では、「未成年が店員のいないレジでアルコールを購入してる!」と思われたんじゃないかという予想に落ち着きました。
こちらも真相はわかりませんが……
とにかく、どう頑張っても未成年には見えないだろ、と思っていても本当に子供扱いされるから注意ですよヽ(;∀;)ノ

1452656232177_201601281338582a8.jpg
滞在ホテルからの夜景。
この街では私は未成年……嬉しいような腹立たしいような。


三つ目、アウトレットモールで好きなブランド店に行った時のこと。
これはもう完全に私のミス(´;ω;`)ウッ…
欲しかったバッグを安くGETだー!٩(ˊᗜˋ*)وとうきうきしていたら、車内にパスポートを忘れていた!
美人の店員さんが、「外国人はパスポートがないとクレジットカード使えない、現金はある?」的なことを一生懸命伝えてくれます。
なんて発言したかは必死になってて全く覚えていませんが、とにかく私に買う意思があることを理解ってくれた店員さん。
「一時間はキープしておくから」的なことを言ってくれました。
天使やん……
それに対し私、日本語で、「それでは、また改めますので……」って伝わるわけねぇよ!!
後で知りましたが、こういう時はターミネーター的に「I'll be back」と言えば良かったのですね。
(パスポートくらいさっさと取りに行けばいいじゃない?と思うかもしれませんが、モールは広く、駐車場は遠いのですよ……!)
とにかくパスポートは、持ち歩かないとダメ絶対!!(カジノいるだけで見せろって言われるし)
反省しました。

最後はお土産選び。
トランジットの待ち時間中にお土産を買おうと思ったのですが……
お土産は困らせないよう消え物を、となるべく食品を探しますが、そもそもラスベガス土産で食品って何がある??
しいて言えばジャーキーがそれっぽいなと思ったのですが、ジャーキー等の肉製品は日本に持ち込めません。
一週間もスケジュールNG入れておいてお土産もなしじゃ申し訳なさすぎるので何としても何かしら買って行かないとと商品を探すのですが、思わしいものがなかなか……
結局、当たり障りない、カジノー!って感じのチョコレート等を買いました。
うーん、もうちょっと気の利いたやつを探せなかったかなぁ私よ……
しかも残った現金を使いきろうと考えてたのに思ったより高くてクレジットカード払いにしたし!

1452656236289.jpg
滞在ホテルのバスルームより。
砂漠の街で湯船に浸かる贅沢。


疲れた身体を休ませて、ラスベガス旅は続きます。

アメリカ・ラスベガスの旅ラスト

アメリカ・ラスベガスの旅ラスト~グランドキャニオンでグランドフィナーレ~

今回のラスベガス旅、フジタ的メインイベントは、何と言ってもグランドキャニオン!!
人生で一度は行ってみたいと思っていたので、叶えられて本当に嬉しかったです(*´∀`*)

グランドキャニオンへは、飛行機のツアーで行きました。
レンタカーもあるけれど、今までのドライブとは距離が全然違うのでね……!

3_20160127174708e14.jpg
アメリカ・ラスベガス付近の地図。
1_20160123164249cab.jpg
アメリカ・ラスベガス付近の地図に日本地図を重ねた図。(日本の形がわかりやすいよう、上の地図より引いてあります)

「ラスベガスからグランドキャニオンめっちゃ近いじゃん(*´∀`*)」とか思ってた時期が私にもありました。
街から街までの距離を、日本の縮尺で考えていると、どうしても勘違いしてしまって……上の地図だけみたら、思っちゃいません!?
まあ実際は日本海側から太平洋側まで横断する程の距離だったわけですが_:(´ཀ`」 ∠):
ちなみにバスでのグランドキャニオンツアーは一日がかりらしいですよ!

私たちが参加した飛行機のツアーは、早朝に出発し、お昼頃戻ってくるスケジュール。
なので行きの飛行機では、朝日で真っ赤に染まる山々が!
DSC_0757.jpg
※画像クリックで大きな画像開けます

DSC_0779.jpg
※画像クリックで大きな画像開けます

空から見るグランドキャニオン……最高です。
写真だと小さく見えますが、グランドキャニオンの断崖の深さは、平均で1200mあるそうです。
全長は446km。
改めて……でっかいです、アメリカ。

1449533444978-01.jpg
※画像クリックで大きな画像開けます

壮大過ぎて、まるで合成写真のよう(笑)
結構思い切った写真を撮っていますが、足の下には何もなく、柵などもありません。
ちょっと身を乗り出したら落ちます。
カッコつけてますが、座るまでは四つん這いで移動しました\(^o^)/

1449533487661.jpg
自分の小ささを知るほど、何故か希望が湧いてくる……頑張ろう、もっと生きよう。

地形や色合いや大きさが非現実的過ぎて、まるで別の星にいるみたい……とても不思議な気持ちになりました。
本当に行ってよかったですヽ(=´▽`=)ノ
実はツアーの流れからちょっとだけ外れ(許可は得て)、その後駐車場の場所がわからなくなるというトラブルも……(笑)
本当に申し訳ありませんでした!

DSC_0791.jpg
※画像クリックで大きな画像開けます

今回はもっともメジャーなサウスリムのビューポイントを周りましたが、ノースリムやウエストリムにも行ってみたいし、谷底にも降りてみたい……!
グランドキャニオン以外にも、デスバレーやアンテロープキャニオン、ホースシューベンド……とまだまだ行ってみたい欲は尽きません。
また行けるといいな! 


さて、一週間のアメリカ・ラスベガスの旅も名残惜しいですがフィナーレ(何故イタリア語か)です!
行きはロスからベガスまでドライブでしたが、帰りはマッカラン空港からロスへ空路で、そしてロスから羽田へと飛びます。

うへぇ……ここでも長蛇の列ですよ。
なんで荷物チェックにこんな時間かかるん、もっと本気出して٩(๑òωó๑)۶
と思わんでもないですが、これはもうこういうものと諦めるしかないのですね(笑)
時間には余裕を持って行動しましょう!

その後、ロサンゼルス国際空港でランチにラストバーガーをキメて、羽田へと飛びました。
9日の朝に出国、日本に到着すると、10日の夜になっています。
改めて、時差って不思議ですね!

帰りは行きよりずっと長く感じました。
気流の影響で実際に飛行時間が長いし、更には機内で見られる映画で日本語字幕もしくは吹き替えのものが殆ど無かったのです。
でもアメリカ帰りだし多少は英語聞けちゃうんじゃない?
なんて希望を持って原音でコードネームアンクル見始めましたけど、当然英語わかるようになんてなってませんでした\(^o^)/

DSC_0811_201601281223012d0.jpg
ただひたすらまっすぐな道。

アメリカ・ラスベガス旅。反省も行き足りない場所もたくさん。
またいつか、このケタ違いにでかい国を旅出来るよう、頑張っていこう!

新たな旅への希望と、今後来るクレジットカード明細という恐怖を抱えながら、フジタの明日は続きます。

 | HOME | 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


プロフィール

ふじたま

Author:ふじたま
アニメに声をあてたり、映画の吹き替えをしたりします。
最近は歌のお仕事もヽ(=´▽`=)ノ
モノを書いたり、舞台やイベントMC、ナレーションもやらせていただいておりまする。
心はいつまでも小学生。
業務提携:AIR AGENCYさま


カテゴリ

プロフィール&ボイスサンプル (2)
怠惰な日々 (161)
おしごと (141)
アルバム (18)

検索フォーム


☆ツイッター☆

ふじたまツイートまとめ☆Twilog

最新記事